探偵になるためには

探偵という職業は映画やドラマなどでも馴染みがあり、誰でも一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、では実際に探偵になりたいと思った場合、何から始めれば良いのかすぐにピンと来る人は少ないのではないでしょうか?

さて探偵になるには自身で探偵事務所を開く場合と探偵事務所の従業員になる場合とがあります。どちらの場合も学歴や資格、年齢等による制限はありません。そして自分で探偵事務所を開業しようとする場合には警察を経由し、公安委員会へ届出を出せば開業することができます。

もちろん細かく言えばいくつか条件はあり、禁固刑に処せられた者はすぐには開業できないなどとありますが、ただ探偵になるだけなら比較的簡単になることができます。

ただし自身が今日から探偵だと名乗ったところで、依頼がなければ職業として成り立ちません。ですのでやはりまずは探偵を育成する専門学校に通う、または探偵事務所の従業員や調査員となり、ノウハウを身に付けていくことが大切だと思われます。

こうして法律の知識や探偵業務のスキルなどを身に付けることで探偵として信頼を得て、その後改めて開業するなり、探偵事務所の従業員として実務を行っていくなりするのが良いでしょう。